Menu

CSR CSR情報 女性活躍推進

女性活躍推進について

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

当社は、女性が管理職として活躍できる環境を整備し、女性をはじめとする全ての社員が働きがいをもって十分に能力を発揮できる企業を目指します。2016年3月29日策定の一般事業主行動計画は以下の通りです。

1.計画期間

2016年4月1日~2021年3月31日

2.当社の課題

(1)男女の勤続年数に大きな差は見られないが、女性の管理職数が0(計画策定日現在)であり、女性を管理職として養成するための教育研修にさらに注力する必要がある。
(2)これまで女性を配属する部署が男性と比較し限定されていたことも影響し、女性社員の採用が少なかったことから、全社員に占める女性の割合が低い。

3.目標と取組内容

目標1:女性の管理職(課長以上)を2020年度までに10名以上とする
取組内容
  • (2016年4月~)女性社員を対象に管理職養成を目的とした研修を実施
  • (2017年4月~)女性社員の直属上司に対するヒアリング実施と課題分析
  • (2018年4月~)女性の管理職を3名以上登用しフォローアップを実施

女性社員対象の管理職養成を目的とした研修(2015年10月)女性社員対象の管理職養成を目的とした研修(2015年10月)

中堅女性社員研修(2016年11月)中堅女性社員研修(2016年11月)

目標2:これまで女性の少なかった部署等に女性を積極的に配置する
取組内容
  • (2016年4月~)女性の配置が少なかった部署の洗い出しと課題分析
  • (2017年3月~)女性社員による新規採用者募集説明会の実施
  • (2017年4月~)実際に配置し、定期的なフォローアップを実施
  • (2018年4月~)女性の新規採用割合が全体の10%以上となるよう取り組む

技術系女性社員による作業所パトロール(2016年6月)技術系女性社員による作業所パトロール(2016年6月)

女性社員による会社説明会(2017年3月)女性社員による会社説明会(2017年3月)

技術系女性社員による作業所パトロール(2017年6月)技術系女性社員による作業所パトロール(2017年6月)

4.女性の活躍に関する情報公表

公表項目 時期 割合または数値
労働者に占める女性労働者の割合 2018年4月1日 8.8%
男女の平均勤続年数の差異 2018年4月1日 男19.5年・女12.9年(差異6.6年)
労働者の一月あたりの平均残業時間 2017年度 32.3時間
管理職に占める女性労働者の割合 2018年4月1日 0.8%(398人中3人)

CSR情報トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設