Menu

News Release ニュースリリース

「九州建設技術フォーラム2020」に出展します

2020年10月14日

青木あすなろ建設株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:辻井 靖)は、10月20日、21日に福岡市で開催される「九州建設技術フォーラム2020」に当社固有技術を出展いたします。「九州建設技術フォーラム2020」は、新しい建設技術の開発・活用・普及の促進をより効果的に図るため、「産」、「学」、「官」それぞれが新技術の開発・活用の取り組みについて情報を発信し、プレゼンテーションや展示、新技術相談等の形をとりながら連携を深め九州のさらなる建設技術の発展を目指すものです。

九州建設技術フォーラム2020

開催日時:2020月10月20日(火)・21日(水)
開催会場:福岡国際会議場  ※出展ブースナンバーはF13です。
(〒812-0032 福岡県福岡市博多区石城町2-1)
主催者:九州建設技術フォーラム実行委員会 
公式HP:http://www.cgr.mlit.go.jp/cginfo/syokai/busyo/kikaku/forum/

出展工法詳細

①摩擦ダンパーを用いた橋梁耐震工法 出展内容

当社独自の「ダイス・ロッド式摩擦ダンパー」を用いて、既設橋梁の耐震性を向上させる技術です。

近年、地震直後における公共インフラの機能維持が課題となっています。当社は、既設橋梁の支承部に「ダイス・ロッド式摩擦ダンパー」を設置することで耐震性能を向上させ、地震直後も交通機能を維持できる耐震補強工法を、首都高速道路㈱と共同開発しました。

②水陸両用ブルドーザー 出展内容

昭和46年以来、1200件以上の実績がある当社独自の工法です。

水陸両用ブルドーザ43.5t級(作業水深7m)は、養浜・離岸堤工事等の海岸工事や漁港等の維持浚渫工事、河川改修工事等、また災害復旧工事にも使用され、東日本大震災の被災地各所で稼働しています。新たに開発した大型(80t級)の遠隔操縦式水陸両用バックホウ(作業水深2m)は、福島沿岸の被災した離岸堤復旧工事で使用し、大幅な仮設材の低減と工期短縮に寄与しました。

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設