Menu

Technology・Solution 技術・ソリューション 土木技術

コンクリート充填感知システム

概要

コンクリート充塡感知システムは、わずか2cmほどのセンサをコンクリートが充塡しにくい箇所に取りつけることにより、コンクリートの充塡状況を確認できるシステムです。

また、センサを取りつけることでリアルタイムに充塡状況を把握でき、適切なコンクリート打設を実施できます。作業員の近くで直接指示をしなくても、離れた事務所等から、パソコン画面上で複数の打設作業を管理できるため、高い品質と信頼性を持った施工が可能になります。

接続図接続図

感知システム機器感知システム機器

特徴

1. コンパクトな感知センサ

コンクリート感知センサは約2㎝と小さく軽量なため、取付けが簡単です。センサを埋めても、構造物の強度などに影響を与えません。

2. 合理的で確実な施工管理が可能

コンクリートの充填は、センサにコンクリートチェッカーを接続し、ランプの点灯で知ることができます。
また、パソコンに接続することで、事前に入力した構造物の形状図上に充填の状況を描くことが可能となり、施工管理を行ううえでも便利です。

3. センサで充填を完全把握

取付けたセンサは、水や剥離剤と、コンクリートとを区別することができます。

用途

本感知システムは、施工の用途に応じて、各種コンクリート工事に使用することができます。

  1. 土木・建築の一般構造物の施工
  2. 外部からの充填状況を観察できない箇所の施工
  3. トンネルの天端(グラウトの充填管理も可能)
  4. 鋼管コンクリートのダイヤフラム
  5. フルサンドイッチ構造の沈埋函の鋼板、シアコネクタ
  6. 逆打ちコンクリート施工
  7. 橋梁などの補修・補強

土木技術 実績一覧

土木技術トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設