Menu

Technology・Solution 技術・ソリューション 建築技術

TAS工法 型枠支保工の早期解体工法

当社と髙松建設株式会社が共同で開発している、サポートの早期解体工法であり、Takamatsu Aoki-Asunaro Support 工法の頭文字をとったものです。
英文名:TAS Method for Quick Form-timbering Removal

研究開発の概要

型枠支保工の早期解体のオリジナル工法を検討するため、有限要素解析、室内実験および現場測定を行い、その根拠が明白な検証を経て、新たな工法を開発しました。

残存サポート工法

  • 既存技術で、D37一般的に使用。
  • 単純な形状に限る。
  • 工事の早期着手はほとんど不可能。
  • 型枠支保工のコストダウンの効果は小さい。
  • 表計算ソフトを用いるため手計算することができる。

TAS工法

  • 根拠が明白な検証を経た独自の開発工法で、複雑な形状へ対応が可能。
  • 仕上工事早期着手、工期短縮が可能。
  • 型枠支保工のコストダウン効果は大きい。
  • FEMによって計算するため手間がかかるが、シミュレーションが可能。

研究開発の概要

現場測定の様子

有限要素解析結果の例有限要素解析結果の例

パイプサポート性能検証実験パイプサポート性能検証実験

変位測定変位測定

ひずみ測定ひずみ測定

ひずみ測定ひずみ測定

研究開発の成果

現場向けの説明資料

技術マニュアル技術マニュアル

TAS工法設計者用

解析マニュアル解析マニュアル

適用物件の例(RC集合住宅)

適用物件の例

適用物件の例

適用物件の例

建築技術 実績一覧

建築技術トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設