Menu

Technology・Solution 技術・ソリューション 建築技術

耐震天井工法「AA-TEC工法」

概要

本工法は最大水平震度2.2Gに対応する耐震天井として、2016年10月13日にビューローベリタスジャパン株式会社の建築技術性能証明(BVJ-PA16-001)を取得した信頼性の高い耐震天井工法です。

近年、大地震における天井脱落による被害が課題となっています。法改正(2014年4月1日)により特定天井の耐震化が義務付けられましたが、未だに最大水平震度2.2Gに対応する耐震天井の普及が進んでいません。今後の大地震に対応できなければ、人命保護、建物維持といった社会の役割を果たすことができません。
そこで当社は、主要部材に角形鋼管を用い、専用の接合金物および補強金物を設置して耐震性能を向上させることにより、最大水平震度2.2Gにおける天井構成部材の損傷を大幅に軽減する信頼性の高い耐震天井工法を、常盤工業株式会社、株式会社竜洋と共同開発しました。

工法イメー<div class=

適用範囲

  • RC造・S造・SRC造
  • 吊り長さ 0.5m以上4.5m以下

耐震性能向上

本工法では、ブレースを専用金物で補強することで耐震性を向上させます。

本工法の各接合部材の納まり
本工法の各接合部材の納まり

検証実験により、最大水平震度2.2Gの水平加力下においてクリップ、ハンガー等の外れが生じないことがわかっています。

許容耐力

天井に生じる地震力はブレース、野縁受け、各接合部の芯を通ることになり偏心を生じないため、耐震性能が向上します。一般の耐震天井の許容耐力はブレースの座屈が大きく影響しますが、本工法の場合、ブレースは座屈せず、野縁受け方向の一部が強軸方向に座屈するまで耐力を保持するため、許容耐力は向上します。

破壊モードの概念
破壊モードの概念

検証実験より、本工法は最大水平震度2.2Gにおいて、9,000Nの許容耐力を有することがわかっています。

実験動画

         
   

入力加速度震度7(600gal)相当の加力実験でAA-TECの効果を確認

リーフレット

(2MB)画像をクリックするとページが開きます。

よくある質問

Q. 特定天井とは?

A. 2011年の東日本大震災において、吊り天井の落下事故等の被害が多く発生したので、天井材の脱落・落下対策を求める規制をした天井のことです。
国土交通省は、「国土交通省告示第771号」を定め、非構造部材である「鋼製天井下地」の耐震化を進めています。

Q. どのような建物の天井で使用しますか?

A. 新築建物及び既存建物の改修工事(RC造、SRC造、S造)で使用します。
建物の用途は問いませんが、劇場・運動施設・学校・事務所・病院など多くの人が集まる空間の天井に使用します。

Q. 他社製品との違いは?

A. ①ブレースおよびブレース上端の接合部が座屈し難い部材構成です。
②ブレース下部(野縁受け)、ハンガーの接合部、クリップの接合部が合理的な納まりにより偏心がなく、高い接合部強度が得られています。
③水平許容耐力が一般的に2,350N~5,000Nに対し、AA-TECは9,000Nです。
④ブレース1セットの水平許容耐力が高いためブレースの少量配置が可能です。
⑤専用足場板を用いることで、点検作業を容易に行うことができます。
⑥水平剛性が高いため壁とのクリアランスを2cm以下にできます。

Q. 第三者機関の技術評価は取得していますか?

A. 2016年10月13日にビューローベリスタジャパン株式会社より建築技術性能証明(第BVJ-PA16-001号)を取得しています。さらに、2018年3月19日に更新(吊り長さ3.0m)しています。

Q. 特定天井にしか適用できないのですか?

A. 特定天井に該当しない天井でも本工法を用いることができます。
ただし、システム天井は適用範囲外としています。

Q. 協会はありますか?

A. (一社)耐震天井普及協会を2017年3月に設立しています。2020年8月現在、12社の会員が所属しています。

耐震天井工法「AA-TEC工法」のトピックス

建築技術 実績一覧

建築技術トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設 みらい建設工業 東興ジオテック タカマツハウス TCG USA,Inc