Menu

News Release ニュースリリース

「非住宅建築フェア2020」に出展します

2020年9月18日

青木あすなろ建設株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:辻井 靖)は、「非住宅建築フェア2020」に当社固有技術を出展いたします。「非住宅建築フェア2020」は、住宅関連商材と非住宅建築の建設・管理に関わる全ての製品・サービスが一堂に集まる商談展示会で、建設技術の紹介とセミナー発表を行います。

非住宅建築フェア2020

開催日時:2020月9月24日(木)・25日(金)10:00~17:00
開催会場:東京ビッグサイト 南展示棟  南2ホール 10-29
公式HP:https://housing-biz.jp

セミナー発表

「層間変形角1/200radまで降伏しない座屈拘束型の新しい耐震ブレース」
9月24日(木)11:30 ~ 12:00
専門セミナー会場B

出展工法詳細

①折返しブレース 出展内容

経済的なブレース構造と自由な配置を実現できる工法です。

                 

断面の異なる3本の鋼材(芯材、中鋼管、外鋼管)を一筆書きの要領で折返して接合することにより、実際の部材長さが見かけの部材長さの約2.5倍となっています。

少量配置しても応力は集中にしなく、偏心配置してもねじれの影響が少ないため、ブレース配置の自由度が飛躍的に向上し、純ラーメン構造と比較して使用鋼材量を約20%削減します。

②制震ブレースを用いた耐震補強工法 出展内容

建物を使いながら補強工事が可能な工法です。

本工法は、制震ブレースを建物外部に取り付けるため、建物を使いながらの補強工事が可能です。制震ブレースの外観はスリムであるため、採光や通風への影響は小さく、建物外装と合わせた塗装を施すことで建物と一体化したデザインとなります。また、内装やサッシの解体・復旧が不要であるため、廃棄物の発生を抑えた環境にやさしい工法です。

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設