Menu

Technology・Solution 技術・ソリューション 建築技術

制震ブレースの耐震補強技術

簡易な施工・居ながら補強が可能・スリムな外観環境に配慮した工法・補助金等

制震ブレース工法は、鉄筋コンクリート造建築物の耐震補強用に開発されたもので、居ながら補強が可能な「外付け工法」です。摩擦ダンパーと鋼製ブレースで構成されており、建物の小さな変形から地震エネルギーを効率よく吸収する高性能なシステムです。財団法人日本建築防災協会の技術評価を取得しています。 「スリムな外観」、「簡易な施工」、「環境に配慮した工法」が大きな特徴です。

あらゆるタイプの建物で補強が可能であり、学校、共同住宅、庁舎、事務所、病院等で数多くの実績があります。最近では特に共同住宅(分譲マンション)に対して、設計・施工実績が増えております。
本工法は、行政から補助金などを取得することができます。

制震ブレースの耐震補強技術

制震ブレースの資料請求・お問い合わせフォームはこちら

建築技術 実績一覧

建築技術トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設