青木あすなろ建設

Menu

  • ホーム
  • 電子公告
  • お問い合わせ
  • Home

沿革

History

History

青木あすなろ建設の歴史

  あすなろ建設 (旧小松建設工業) 青木建設
1940  
1947/5
ブルドーザ工事(株)設立
1948
民間初の外国製ブルドーザ導入
1950
1950/9
扶桑土木(株)設立
1959/6
小松道路建設(株)設立(小松製作所が全額出資)
1956
重機械を使用した大型敷地造成(松島飛行場)を施工
1957
日本最初のハイウェイ「横浜バイパス道路」を受注
1958
大型ブルドーザー(キャタピラ社製D9)輸入第1号
1959
八郎潟干拓工事
1960
1960/5
扶桑土木と小松道路建設が合併、小松扶桑建設(株)と改称
1961
名神高速道路甲良工区受注
1962/11
小松建設工業(株)に改称
1964
小松ビル新築、名神高速道路小牧工区受注
1966
小松製作所小山工場建設着手
1967
小松製作所粟津・大阪工場建設工事本格化
1961
新幹線綾瀬工区、名神高速道路高槻工区施工
1962
建設機械による鉱山開発に着手 海上工事に進出
1964/2
東証一部、大証一部上場
1965
高速航洋性プッシャーバージによる石灰石輸送に着手
1966
大型ダム受注(喜撰山ダム、奥山ダム)初めてダム工事にコンピューターを導入(喜撰山ダム)
1969
(株)青木建設に社名変更
1970
1970
小水陸両用ブルドーザ工事第1号(河川流路整備)
1971
阪神高速道路東大阪工区受注
1973/7
小松舗道(株)設立
1973
宮城ニュータウン造成、長与ニュータウン造成大規模増養殖場開発(水ブル関連)
1976
小松製作所粟津工場総合事務所新築
1971
新本格的に海外進出(台湾高速道路第5工区)
1974
ホストコンピューター導入、全社データ通信ネットワーク完成 津軽海峡線青函トンネル建設工事に参加
1976
ブラジルでホテルをオープン
1978
香港で火力発電所を受注、1日最大2万m³を超える大量土岩埋立を施工
1979
パナマでロックフィルダム建設工事受注
1980
1980
小松空港ターミナルビル新築
1982
東京ディズニーランド建設
1983
小松製作所新研究所建設
小松製作所小型プレス組立工場新築
1987
日本企業として初めてパナマ運河補修工事を受注
1988
米国のホテルチェーン ウェスティン・ホテルを買収当時、国内史上最大のM & Aとして話題を集める
1990
1990
小松電子金属テクニカルセンター建設
1991
小松製作所六甲アイランド工場新築
1996
水無川1号砂防ダム上流除石(雲仙普賢岳噴火災害関連の無人化施工)
1990
米国フロリダ州ディズニーワールド内の大型ホテル2棟オープン(スワン、ドルフィン)木更津人工島(現海ほたる)工事受注
1993
新梅田シティ竣工、ウェスティン大阪完成
2000
2000/10
M & Aによりコマツから髙松建設へ親会社の変更69.15%の株式を髙松が取得し、髙松グループ傘下へ
 
2001
2001/4
髙松建設グループ傘下の1社として新経営体制をスタート
2001/12
民事再生法に基づく民事再生手続開始の申立(2002/9 手続きの終了)
2002
2002/7
青木建設へ資本参加(9月:30%出資)残り70%は髙松建設が出資
2002/10
社名を「あすなろ建設(株)」とする
髙松建設、青木建設とあすなろ建設で企業集団GWA(Green Wood Alliance)を結成
2002/7
従来の資本金を100%減資、第三者割当増資による新株式の発行(資本金5億円)並びに髙松建設(株)及び小松建設工業(株)引受による15億円の新株予約権付社債の発行
2003
2003/5
あすなろ、青木本社移転
東京都港区芝の同じビルに移転、同居
2003/11
青木建設との合併発表
2003/12
合併契約書締結
2003/5
本社、東京本店移転

青木あすなろ建設

2004
2004/4
青木あすなろ建設発足
2004/6
自己株式買付
2004/7
ストックオプション制度導入(全社員対象)
2004/12
東証「猶予期間」入り銘柄を解除
2005
2005/2
配当の増配を決議 1株当りの配当を5円から13円に(内3円は合併記念配当)
東証の少数特定者持株数に係る基準への対応として210万株の株式の売出しを決議
2005/8
50万株の自己株式の取得を決議
2005/10
手形払いを廃止
2006
2006/2
配当の増配を決議 1株当りの配当を10円から15円に
2006/3
A種株式約114万株を普通株式に転換、普通株式200万株を消却
2006/5
東興建設のM&A
2006/8
株主優待制度を新設
2006/12
440万株の売出 株式の分布状況に係る猶予期間の解除
2007
2007/2
名古屋建築支店開設
2007/4
子会社(大和工業)の解散及び清算を発表 横浜建築支店開設
2007/7
中村建設(愛知県)の社員受入及び工事の承継を発表
2008
2008/9
みらい建設工業、みらいジオテック及びテクノマリックスのM & A
2009
2009/10
みらい建設工業がエムズを子会社化
2010
2010/4
青木マリーンがテクノマリックスを吸収合併
2010/6
東興建設、みらいジオテック、大和ロックの3社が合併
青木あすなろ建設グループは6社体制に再編【青木あすなろ・青木マリーン・東興ジオテック・みらい建設工業・あすなろ道路・エムズ】
2011
2011/6
新潟みらい建設設立 地方に特化した地域密着型企業による事業展開をはかる
2011/1
東日本復興事業本部を新設
2012
2012/3
本社、東京本店をTCGビル(東京都港区芝4丁目)に移転
2012/5
島田組の全株式を取得、子会社化 青木あすなろ建設グループは9社体制に再編【青木あすなろ・青木マリーン・東興ジオテック・みらい建設工業・あすなろ道路・エムズ・新潟みらい建設・島田組・アクセス】
2013
2013/8
青木マリーンを完全子会社化

MENU