Menu

Technology・Solution 技術・ソリューション リニューアル技術

コンクリート構造物 耐久性・耐荷性診断システム

概要

コンクリート構造物は、設計や荷重の見直しに見られるように、時代と共に使用条件が変わり、物理的な機能も低下します。このような場合、必要に応じた補強を行わければなりません。

当社がこれまで培ってきた豊富な技術力を生かした耐久性・耐荷性診断により、コストパフォーマンスに優れた適切な補修・補強方法をご提案します。

耐久性・耐荷性診断フロー図耐久性・耐荷性診断フロー図

システム

1. 予備調査

診断に必要な情報の収集を行います。

2. 一次調査

外観目視による調査を実施し、その結果から「供用性の一次判定」を行います。

3. 詳細調査

一次判定結果をもとに、必要に応じ、「供用性の二次(詳細)調査」を実施し、耐久性・耐荷性の判定を行います。

4. 検討項目

a)耐久性を検討します。

残存供用期間の検討、劣化予測の実施

b)耐荷性を検討します。

設計時の耐震基準と現行基準との比較検討、構造物の重要度の考慮、動的解析による検討(必要に応じる)

5. ご提案

二次判定結果をもとに、コストパフォーマンスに優れた補修・補強方法をご提案します。

特徴ある保有技術

1. 調査診断技術

  • 鉄筋腐食の非破壊検査
  • ひび割れ、損傷部の非破壊検査
  • コンクリートの物性把握
  • 中性化深さ、塩化物イオン濃度などの測定

2. 補修・補強技術

  • 電気防食・表面被覆工法
  • 鋼板・RC巻立て補強
  • 炭素繊維シートによる補強
  • 高流動コンクリートを用いた補修・補強
  • 埋設型型枠工法

ひび割れ・損傷部の非破壊検査の例ひび割れ・損傷部の非破壊検査の例

リニューアル技術 実績一覧

リニューアル技術トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設