Menu

Technology・Solution 技術・ソリューション リニューアル技術

炭素繊維シートを用いたメタクリル(MMA)系樹脂による
コンクリート構造物の耐震補強工法

概要

近年、コンクリート構造物の延命化や耐震性向上のため、補修や補強などの技術の重要性が高まっています。

このような中、連続繊維補強材、特にすだれ織りの炭素繊維シートを用いた本工法は、軽量かつ高強度、さらに高耐久性に優れた材料特性を持ち、樹脂を用いて貼付けるだけの簡易な施工が可能であり、コンクリート構造物の補修・補強への適用が急増しています。

炭素繊維シート炭素繊維シート

一層巻き例一層巻き例

特徴

1. 炭素繊維シートによる耐震補強工法の特徴

  • 軽量
  • 重機や特殊な工具を必要としない
  • 錆びない
  • 高強度、高弾性、高耐久性

2. すだれ織りシートの特徴

  • 下地にフィットし、浮きが生じにくい
  • 樹脂含浸性に優れている

3. メタクリル(MMA)系樹脂の特徴

  • 硬化時間は1時間以内で、工程間での待ち時間がなく、硬化と同時に強度を発現する
  • ⇒ 短時間施工、早期開放が可能
  • 低温時の硬化性状が優れているため、年間を通じ作業ができる
  • 耐候性に優れている

コンクリート構造物の耐震補強工法

補修・補強工法により、部材の曲げ耐力の向上や、せん断耐力の向上、靭性能の向上が期待できます。

適用構造物

  • 橋脚、桁、床板
  • トンネル覆工
  • 建築物の柱、梁、壁、床
  • 電柱、煙突など各種コンクリート構造物の補強、補修、劣化防止

一軸圧縮強度の比較一軸圧縮強度の比較

施工方法施工方法

ABA工法施工フロー図ABA工法施工フロー図

リニューアル技術 実績一覧

リニューアル技術トップへ

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設