WORKS AT AA
HOMEWORKS AT AA > 建築設計
2016年入社 東京建築本店 設計部

現在の仕事について

建築設計は大きく分けて意匠設計、構造設計、設備設計の3部門に分かれます。意匠設計は間取りやデザインにおける設計。構造設計は建築物が地震などを受けても倒壊しないような骨組の設計。設備設計は利用する人が建築の内部で快適に過ごすために必要な設備である空調、音響、光、配管などの設計です。
 その中で私は構造設計をしており、現在共同住宅の物件を担当しています。意匠・設備担当や現場など多くの人と打ち合わせを重ね、構造の観点だけでなく、デザイン性や施工性、コストを意識して設計をするよう心掛けています。

職場環境について

風通しがよく、部署を問わず上司・先輩に質問がしやすいため、設計はもちろんそれ以外のわからないことなども聞きやすい環境だと思います。自分の頑張りを上司や先輩が見ていてくれるので成長を感じられます。また、設計部は女性社員が多いので、女性ならではの相談もしやすいですね。内勤、外勤を問わず、女性がより働きやすい職場環境にするための取り組みも進んでいます。

仕事のやりがいや達成感について

やりがいや達成感について 建築物はひとつとして同じものがないので、毎回新しい発見がありますし、新たな課題が見つかります。そのたびに勉強しながら業務を進めています。自分で検討したものや描いた図面が形になっていき、一つの建物が完成したときはやはり嬉しいですし、達成感があります。

青木あすなろ建設という会社について

超大手のゼネコンのように、建物の用途別で設計担当が分かれるような大所帯ではなく、ひとりで様々な建築物の設計を経験できることが当社ならではの魅力です。私は入社してから約2年半で耐震設計、宿泊施設、物流施設、共同住宅と多様な物件に関わってきました。
 また、自社で開発した技術を積極的に使っていこうという姿勢や、同じ物件でいくつもの案を検討してより良いものを作ろうとする姿勢、未経験のことにも果敢にチャレンジする姿勢なども、この会社の好きなところで、私が自慢できるところです。
 あとは職場環境にもつながりますが、若手の意見や考えを上司の方々が聞いてくださり、“良いチャレンジ”と判断されれば、やりたいことをやらせてもらえる会社だと思います。

将来の夢について

近い目標は、現在関わっている共同住宅の物件を無事に完成まで迎えること。自分が関わる一つひとつの建物でより多くのことを学び、地力をつけて、周りからこの人に任せたら安心と思ってもらえるような構造設計者になりたいと思います。

Other works