WORKS AT AA
HOMEWORKS AT AA > 建築設計
2005年入社  東京建築本店 設計部

現在の仕事について

構造設計業務、現場監理および支援業務、研究開発業務が主な仕事で、それぞれを同じくらいの割合で行っています。設計業務では、建物用途や構造形式(鉄骨造、鉄筋コンクリート造など)を問わず、新築構造設計と耐震(制震)補強設計に携わっています。設計を担当した案件については、引き続いて現場監理業務も担当し、現場での検査等で適切な施工が行われていることを確認しながら、建物の完成を見届けます。
 自分が設計を担当していない案件でも、現場支援業務として、仮設計画などで構造的なサポートも行います。また、構造技術の新規研究開発に携わることで、技術研究所と設計部門の懸け橋役を担い、開発された技術については実際の設計へのスムーズな適用をめざします。とにかく、建築構造のことであれば“来るものは拒まず”という姿勢で、何にでも取り組んでいます。

仕事のやりがいや達成感について

雑草で荒れ果てた空き地に、着工から数年後、高層ビルが完成する瞬間にこれまで何度も立ち会ってきました。設計業務は、建物の着工前の段階から携わる立場なので、建設計画が全くの白紙の状態から完成まですべてを見届けることができます。設計から完成まで、建築には多くの人が携わり、皆で一つの建物を完成させる“モノづくりの素晴らしさ”があります。建物が完成するたびに、自分が設計した建物が完成した喜びとともに、“立派に造ってくれてありがとう”という、関係者への感謝の気持ちが込み上げてきます。

青木あすなろ建設という会社について

技術や知識はもちろんですが、知っていることよりも知らないことの方が遥かに多いので、技術者に必要なのは“分からないことが聞ける人脈”です。青木あすなろ建設には、そんな人脈づくりの環境が整っています。
 構造的なことで困った時には、設計部の同僚や上司のほか、技術研究所の研究員や土木系構造技術者に相談でき、構造設計以外のことも、同じ建物で仕事をしている施工・積算・購買部門に気軽に相談できます。また、大学との連携や同業他社との共同研究なども積極的に進めているので、社外のネットワークを活用する機会もあります。
 “組織内”にこだわらない社風で、会社の垣根を越えた技術者間の繋がりを増やすことができ、そうした交流を通じて視野が広がることで、より良いモノづくりができるのではないかと思っています。

Other works