WORKS AT AA
HOMEWORKS AT AA > 建築施工管理
2019年入社  東京建築本店 水戸法務庁舎作業所(茨城県)

現在の仕事について

法務省の地方庁舎新築工事の施工管理に携わっています。建築施工管理は、決められた工程内で建築物の品質が確保されるようマネジメントする仕事です。そのため、作業がスムーズに進むよう工事が始まる前に、施主、建築士、監理者、各工事業者等との綿密な打ち合わせ・確認が必要不可欠です。現在は、内装工事の担当で、協力会社の方々との打ち合わせを重ねながら、主に品質、作業手順・要領、管理等を記載する施工計画書の作成、設計図と施工図とを照らし合わせながらの寸法・収まり等の確認を行っています。

職場環境について

やりがいや達成感について まだ配属されて半年も経っていませんが、職場環境は非常によく、馴れるのに時間はかかりませんでした。仕事面ではまだまだ未熟者ですが、同じ現場で働く上司や先輩社員、職人の方々が気さくに接してくださり、私の初歩的な質問にも丁寧に答えてくださいます。作業所には女性専用トイレ・更衣室も完備されており、品質に優れた工事を安全に、スムーズに進めるため工事現場全体に整理整頓が行き届いています。
 現場宿舎は現場から近く、周りにはお店も多いので生活には全く不自由しません。また、上司や先輩社員の方々との交流会などもあり、全体的にアットホームな雰囲気の中で毎日を送っています。

仕事のやりがいや達成感について

まだ本当の意味での“達成感”というのは味わえていませんが、これから始まるカーテンウォール工事について、はじめて施工計画書を完成させた時は嬉しかったです。カーテンウォールについての知識は乏しく、施工計画書というのはどのように作成すればいいのか、何を記載するべきなのか、そもそも作成する目的すら把握し切れていない状態でした。施工計画書のひな形を参考に、設計図書、公共建築工事標準仕様書、製品仕様を見比べ、分からない時は調べ、それでも分からない時は上司や先輩、協力会社の方々に教えてもらうということの繰り返しでした。
 時間はかかりましたが、その分やりがいがある仕事だなと感じました。これから先、自分で作成した施工計画書通りに建物ができていく過程が見られるのが楽しみです。

青木あすなろ建設という会社について

建設業はまだまだ女性の割合が少ない業界です。“現場の施工管理はちょっと踏み込みづらいな”という方は少なくないと思います。私が知る限りでは、他人への気遣いができる、心根の優しい方が多く、女性が現場にいるということで煙たがるような人はひとりもいません。
 現場作業所も清潔で、女性社員に対する細かい気配りがされています。女性専用トイレ・更衣室も完備され、むしろ、女性であることがプラスに感じることもあります。当社は建設業界における女性活躍を応援する「けんせつ小町」の取り組みに賛同し、施工管理職の女性リーダーを育てることにも力を入れています。興味のある方は、ぜひ一緒に青木あすなろ建設を、そして建設業界を盛り上げていきましょう。

将来の夢について

今の現場での勤務はあと1年で終了しますが、その間にひと通りの業務をしっかりと把握し、次の現場ではスタートからスムーズな業務ができるよう、経験を重ねていきたいと思います。そのため、今は常に感性のアンテナを張り巡らせ、少しでも疑問点があれば、自分でも調べますが、“1年目の特権”を使わせていただき、恥を捨てて、周囲の方々の力をお借りしたいと思います。
 将来的には現場の経験を生かして、設計の業務に携わりたいと思っています。最低でも5年は現場で経験を積んで、その間に一級建築士の資格を取得し、自信を持って仕事のできる人になりたいと思います。

Other works