WORKS AT AA
HOMEWORKS AT AA > 建築施工管理
1966年入社 東京建築本店 水戸法務庁舎作業所 所長

現在の仕事について

現在、私が携わっている現場は、国の機関の一つである、法務省の業務を行う為の庁舎新築工事です。作業現場の施工管理責任者として、工事の安全管理、施工品質確認・検査、進捗工程管理、予算管理、発注者、設計監理者等の打ち合わせ・近隣対応など、多岐にわたる業務を日々おこなっています。特に安全に関しては、刻々と変わる作業状況に合わせて、より安全な作業の仕方がないか、従前の仕方に問題点がないかどうか、日々繰り返し確認しながら作業を進めています。

仕事のやりがいや達成感について

やりがいや達成感について 建築では多くの専門工種に分かれて、建物を完成させます。配属された社員の能力を見極め、専門工種ごとに担当を決め、責任をもって業務に取り組むようにしています。それぞれの担当を決め、各自の責任範囲を明確にするなど業務の透明化に注力しています。当作業所は30代以下の若い社員で業務を進めていますが、建物を完成させるにはリーダ-シップをとり、多くの人との円滑なコミュニケーションを図ることが大切です。この作業所の責任者として、彼らには日常の業務の中で、できるだけ自分から発信して業務に取り組み、問題発生時の解決行動ができるように指導しています。実際にそのようなかたちで成長していく姿が見られたときなどは、上司としてやりがいを感じます。

青木あすなろ建設という会社について

何かトラブルや課題が生じると、基本的に「組織全体で何とかならぬかの姿勢」で結束して取り組むような社風があり、風通しの良いところがあると思います。私自身も過去に施工管理をする中で、重要な管理ポイントを失念するというミスをしたことがありましたが、周囲の協力でリカバリーできました。自分なりの目標をもって一生懸命取り組めば、周囲はきちんとそれを見ていて評価してくれる、そういうとても温かい会社だと思います。

Other works