WORKS AT AA
HOMEWORKS AT AA > 機電
機電

仕事の内容について

私は主に、トンネル・シールド工事現場における建設機械・設備の計画から調達、また実際の工事現場における保守・管理の仕事に携わっています。工事の方法によって使用する機械・設備がその都度異なるため、シールドマシンなどの機械の仕様・編成、それに伴い必要となる仮設電気設備やコンクリート製造プラントなど、土木工事において必要とされる機械・設備を計画します。工事が始まると現場に入り、機械・設備の搬入・組立に始まり、実際に使用している状態での稼働状況の確認・点検、保守・メンテナンスの計画・実施、解体・搬出まで、一連の流れが安全に進んでいることを確認しながら、最後まで見届けています。

やりがいや達成感について

大学では電子工学を専攻していたため、将来はメーカーに勤務し、製品を生産、そして世の中に送り出すというルーティンワークになってしまうのではないかという不安を抱えていました。もちろん、新たな製品を開発するというチャンスに恵まれることもあるでしょうが、それでも同じような環境下で、結局は機械的な仕事になるような気がしていました。しかし、建設業という業種は一つとして同じものをつくることはなく、工事を行う場所でその現場に合ったものをつくるという特異性もあり、「世界に一つだけのもの」をつくるという特別な喜びがあります。映画「黒部の太陽」ではありませんが、工事でトンネルが貫通し、目の前が開き、太陽の光を確認できた時が、最も達成感を感じた瞬間です。

青木あすなろ建設という会社について

正直なところ、会社の規模はそれほど大きいほうではありません。しかし逆に、小規模精鋭の集団であり、社員ひとりひとりが専門分野に特化しているプロフェッショナルであるともいえます。また、上司・部下という上下関係の分け隔てのない意見交換ができるアットホームな雰囲気があり、一致団結して仕事に取り組む社風が良いところだと思います。

Other works