WORKS AT AA
HOMEWORKS AT AA > 土木施工管理
土木施工管理 2014年入社 東京土木本店工事第一部大蔵シールド作業所

仕事の内容について

施工管理は、工事現場の資機材、原価、人員や作業工程などの管理をする仕事です。無事故で安全な予定工期内の竣工を目指し、協力会社との円滑なコミュニケーションを図りながら、工事品質の保持に努めています。私は、毎年のように発生しているゲリラ豪雨による冠水被害を軽減するために必要な、雨水管の施工管理に携わっています。建設工事現場では、雨水管を納めるための直径約3m、全長約1.5kmに及ぶトンネルを、前方にカッターヘッドの付いた筒状のシールドマシンで掘削する工事が、昼夜交代で行われています。シールドマシンはカッターヘッドを回転しながら掘削し、5ピースのセグメントを、内壁となる1個のリングに組み立てて設置していきます。このセグメントをはじめとする資材の在庫管理と測量が私の主な仕事です。

やりがいや達成感について

やりがいや達成感について シールド工法では、ジャイロコンパスと水レベル計を使用してシールドマシン位置のモニタリングを行っていますが、誤差が生じるため、掘削中はコンピューターの画面を見ながら適時、軌道修正の指示を出していきます。さらに、作業終了後にあらためて手動による高精度の測量を行い、修正指示などの必要事項を記入した指示書を交代班に渡します。雨水管がカーブする箇所は、とくに慎重で細かい指示が求められる部分で、ここが腕の見せ所となります。この工事では下流と上流に2カ所の立坑を掘っているのですが、先日は計算通りに下流の立坑に貫通させることができました。途中、「あれ、見失ったかな」と職人さんに脅かされてヒヤヒヤしましたが、「カッターヘッドの先端が見えてきたよ」という声が壁の向こうから聞こえてきたときは、「やったぜ」と思いましたね。

Other works