Menu

News Release ニュースリリース

設置後20年経過した「摩擦ダンパー」の性能が確認されました

~制震ブレース工法(当社・日本大学共同開発工法)~

2019年4月1日

PDF版(532KB)

青木あすなろ建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻井 靖)は、当社と日本大学共同開発工法である制震ブレース工法(以下「制震ブレース工法」とします)で設置した摩擦ダンパーが、設置20年後でも設置当初の性能を維持していることを確認しました。

概要

当社は1998年に制震ブレース工法で1959年に完成した日本大学理工学部駿河台校舎5号館の塔屋と屋上階段の補強工事を実施しました(写真1)。この耐震補強工事は、制震ブレース工法の初弾となる工事でした。
2018年10月に同校のキャンパス整備事業の一環で同建物が解体されることとなり、当社は20年に亘り雨風などの厳しい環境にさらされた摩擦ダンパーの経年変化を確認するため、同建物に設置された摩擦ダンパーを回収し、補強当時と同じ条件で加振実験を実施しました(写真2)。その結果、摩擦ダンパーの性能は初期の性能を維持していることを確認しました (図1)

当社の制震ブレース工法について

 制震ブレース工法は、鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造建物の外壁面に「摩擦ダンパー」を組込んだ制震ブレースを設置し、地震時に建物が揺れるエネルギーを効率よく吸収することで、既存建物の耐震性能を向上させる高性能なシステムです。兵庫県南部地震後の1996年~1998年にかけて、当社と日本大学理工学部海洋建築工学科 北嶋研究室(当時、安達・中西研究室)が共同開発しました。2019年1月現在までに、延べ約100(摩擦ダンパー約3600)の適用実績が有ります。

摩擦ダンパーについて

 摩擦ダンパーは、内筒に取り付けられたダイスと外筒に取り付けられたロッドで構成されています。ロッドの外径はダイス穴の内径より若干大きく、ロッドがダイスにより常に締め付けられた状態となっています。ロッドが軸方向に押し引きされることにより、ダイスとロッドの接触面に摩擦力が発生することで地震エネルギーを効率よく吸収します(図2)

摩擦ダンパーの品質管理について

摩擦ダンパーは、全数に対して受入検査を行い、摩擦荷重及び履歴曲線が設計で想定した性能を有することを確認しています。また建物に設置するダンパーを層毎に評価し、設計で想定した解析モデルとよく一致することを確認しています。

今後の展開

今回の検証試験で制震ブレース工法は開発の狙いどおり、多数回の地震にも安定した性能を発揮し、経年による劣化が少ないという特徴を有することを実証できました。
当社は、今後も制震ブレース工法の普及を推し進め、大地震時における建物被害の軽減に貢献してまいります。





お問い合わせ先

管理本部 経営管理部 TEL:03-5419-1011 E-mail:Koho@aaconst.co.jp

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設