Menu

News Release ニュースリリース

水陸両用ブルドーザって無人で動くの??「工業高校生向け説明会」開催

 2019年5月30日

PDF版(257KB)

 

 青木あすなろ建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻井 靖)は、524日に建設技術展示館(所在地:千葉県松戸市)にて開催された工業高校生向け技術説明会に参加しました。

 京葉工業高等学校、東総工業高等学校の生徒77名が参加し、「水陸両用ブルドーザD155w」(※)が工事現場で実際に活躍する様子を動画を使用して説明しました。

「遠隔操作できることに驚いた。」「スイブルが使用されている工事現場を初めて見ることができてよかった。」との声が聞かれ、建設技術に興味をもっていただく良い機会となりました。

 今後も、このような機会を通じて、建設業の魅力や社会へ果たす役割について発信してまいります。

 

 

<当日の様子>

        

 写真 1 熱心に質問をする学生     写真 2 説明動画に見入る学生たち

 

 

※水陸両用ブルドーザとは

 主に、水中での掘削・押土、岩盤破砕等が可能な特殊車両です。操縦は無線遠隔操作で行われ、水深7mまでの作業が可能です。当社は現存する5台全てを所有しており、全国各地で活躍しております。

東日本大震災により壊されてしまった港や橋を補修する際にも力を発揮し、その活躍は絵本にもなりました。

 

以上

お問い合わせ先 

管理本部 経営管理部 TEL:03-5419-1011 E-mail:Koho@aaconst.co.jp

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設