Menu

News Release ニュースリリース

「夏休み子供体験教室2018」(関東地方整備局関東技術事務所主催)に参加しました(実施報告)

2018年7月30日

PDF版(192kb)

 

 青木あすなろ建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻井 靖)は、7月27日に国土交通省関東地方整備局関東技術事務所(所在地:千葉県松戸市)が開催した「夏休み子供体験教室2018」に参加しました。

 「夏休み子供体験教室2018」は中学生以下を対象にしたイベントで、高所作業車の乗車、ミニショベルや災害車両の操作、アーチ橋づくり、橋作り工作やセメント工作などを体験することができ、当社は「水陸両用ブルドーザのラジコン操作体験」に協力しました。

 当日は夏休み中の多くの小中学生の参加があり、「スイブル」こと「水陸両用ブルドーザD155w」(※)の模型ラジコンの操作を楽しんでいただきました。開催テーマである「技術を見て!触れる!体験イベント」のとおり、建設技術、防災、環境などの取り組みに触れていただく良い機会になりました。

 今後も、このような機会を通じて、建設業の魅力や社会へ果たす役割について発信してまいります。

<当日の様子>

水中でラジコンを操作する様子

 

スイブルの絵本を読みながら列に並ぶ子供たち

 

※水陸両用ブルドーザD155wとは

主に、水中での掘削・押土、岩盤破砕等が可能な特殊車両です。操縦は無線遠隔操作で行われ、水深7mまでの操作が可能です。当社は現存する5台全てを所有しており、全国各地で活躍しております。東日本大震災により壊されてしまった港や橋を補修する際にも力を発揮し、その活躍は絵本にもなりました。

詳細は当社HP内の「青木あすなろの強み」ページをご覧ください。

 

以上

お問い合わせ先

管理本部 経営管理部 TEL:03-5419-1011 E-mail:Koho@aaconst.co.jp

Go to TOP
HOME
青木あすなろの強み
技術・ソリューション
プロジェクト実績
企業情報
IR情報
CSR情報
採用情報
ニュースリリース
協力会社の皆様へ
髙松コンストラクショングループ
青木あすなろ建設 髙松建設