青木あすなろ建設

Menu

  • ホーム
  • 電子公告
  • お問い合わせ
  • Home

賃貸マンション

Rental mansion

Rental mansion

賃貸マンションについて

お持ちの土地を賃貸マンションに活用する際の一番のポイントは、 入居者様にいつまでも住み続けたいと思っていただける部屋を創ること。 それが将来にわたって安定した収益に繋がります。 その土地、街並みに相応しいマンション。 入居者ニーズを的確に捉え、「このマンションに住みたいからこの街に住む」 そう入居者様に言っていただけるマンションを私共が真剣に造ります。

賃貸マンションのメリット

メリット1 安定した現金収入を得られます

毎月、現金収入として得られる家賃は、安定した収入源になります。 生活設計費に充当したり、老後の資金の積立て等に充てることで、生活にゆとりが生まれます。

メリット2 土地の固定資産税を節税できます

更地や駐車場は「評価額」がそのまま「課税標準額」になりますが、 賃貸マンションなどの住宅を建てることで、「住宅用地の課税標準の特例措置」により 「課税標準額」が3分の1に軽減されます。 さらに、住宅1戸につき200m²以下なら「小規模住宅用地の特例」により、 「課税標準額」が6分の1に軽減されるため、大幅な節税効果があります。

メリット3 建物の固定資産税を節税できます

賃貸マンションなどの一定の条件を満たす住宅※1を建てることで、 新たに固定資産税を課される年度から最長で5年間※2、 居住用部分(床面積120m²までが対象)に係る部分の税額が2分の1に軽減されるため、 大幅な節税効果があります。

※1: 居住用部分の床面積が1戸につき50m²(戸建以外の貸家住宅の場合40m²(一定の高齢者向け賃貸住宅は30m²))以上、280m²以下であること。

※2: 地上3階建て以上の中高層耐火住宅及び一定の高齢者向け賃貸住宅は5年度分、それ以外の住宅は3年度分。

メリット4 相続税を土地の評価減と債務控除により節税できます

賃貸マンションを建設することにより、土地の評価が「自用地」から「貸家建付地」の評価※3になり、 相続税評価額が路線化の約80%程度に軽減されます。

さらに、建物も「貸家」の評価※4 になりますので、「借家権割合」に応じた控除により、 固定資産税評価額(建築費の約60~70%)の約70%に軽減されます。 また、建築工事費をローンで賄われた場合、相続財産からの債務控除が可能ですので、 相続税の節税につながります。

※3: 貸家建付地の評価
自用地の評価額×(1-借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

※4: 貸家の評価
家屋の固定資産税評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)

土地活用についてのお問い合わせ

お電話からの問い合わせ
03-5419-1021 月~金(祝日を除く) 9:30~17:30

MENU