青木あすなろ建設

Menu

  • ホーム
  • 電子公告
  • お問い合わせ
  • Home

地盤沈下計測システム

Subsidence measurement

Subsidence measurement

地盤沈下計測システム

土木工事における沈下計測は、沈下板や沈下計が一般的ですが、空港島のような大規模かつ大深度における海洋埋め立て工事においては、従来技術の応用では対応が難しく、新しい技術開発が切望されていました。 本システムでは、導水管に接続した圧力センサーを保護管に挿入し地盤に敷設します。その敷設地盤の沈下と同様に水頭が変化することから、圧力センサーに加わる水圧変化を観測することで、地盤沈下量を知ることが可能となります。埋め立てを開始する前に敷設することで、初期段階から長期間にわたって沈下量を計測することができます。また、埋め立ての進んだ途中の層に追加して敷設することで、層別沈下量を計測し、投入土砂の圧縮量を知ることが可能となります。計測はコンピュータにより自動的に行われるため、測量工数、施工管理工数を削減して、投入計画を行うことができます。カスタマイズにより道路や造成工事の沈下計測、構造物の変状観測にも適用可能です。(特許番号:3780460号)

システムイメージ

MENU