青木あすなろ建設

Menu

  • ホーム
  • 電子公告
  • お問い合わせ
  • Home

NEW TULIP工法

NEW TULIP

NEW TULIP

NEW TULIP工法とは

近年、環状道路や放射道路あるいは鉄道施設等を地下に構築する計画がシールド工法を用いて各所で進められています。道路の分岐・合流部あるいは地下鉄道駅等の施設は、主として開削工法により構築されてきました。しかしながら、社会環境の変化のなかで、非開削工法により地中に構造物を構築する技術の開発ニーズが高まっています。 NEW TULIP工法は、施工済みの地下構造物から曲線鋼管を推進設置し、曲線鋼管単独あるいは凍結工法や薬液注入等の地盤改良を併用して非開削で大断面の地下空間の構築や拡幅等を行う技術です。コンパクトな推進装置により限られた地下空間からの施工ができ、コストダウン、工期短縮が図れます。

シールドトネンル管駅部拡幅
シールドトンネルの分岐・合流・拡幅

MENU